ciamo

*

会社について

logo mark

代表挨拶

Message from the President

代表取締役 古賀 碧

株式会社Ciamoは、もともと自然に存在する微生物を利用して、
本来あるべき地球の姿を取り戻していきたいと思っています。

このプロジェクトを行うことにより、第一次産業を活性化させるだけでなく、環境問題の解決にも貢献することができます。特に嬉しいのは、光合成細菌のエサに球磨焼酎の粕を使えていることです。人吉・球磨地方で生まれ育った私にとって、焼酎粕を有効に使うことは念願でした。将来は焼酎粕の付加価値をさらに高め、“宝”にしたいと希望を抱いています。光合成細菌が秘めた多くの可能性を研究し続けながら、熊本発のバイオベンチャーとして、地球の未来のために「挑戦」していきます。

Member Introduction

古賀 碧
President

代表取締役社長

古賀 碧

1994年、熊本県あさぎり町生まれ。現在、崇城大学 大学院 工学研究科 博士後期課程 応用生命科学専攻に在学。学部2年次に、日本人や海外の人にもっと地方の魅力を発信したいと感じ、地場資源を商品化する事業を開始。翌年、球磨焼酎と熊本県産の果物を使ったリキュール「ごくりくま」を全国に販売。その活動を通じて焼酎蔵の課題を知り、自分の専門性が役に立つと考え、本事業を立ち上げる。現在、メディア出演、 講演会を通し、微生物資材の認知度向上をはかり、社会全体が“ 環境問題”を理解する土台構築に取り組んでいる。

古賀 碧
Director

取締役

後藤 みどり

1995年 大分県日田市生まれ。現在、崇城大学 大学院工学研究科 修士課程 応用微生物学専攻に在学。崇城大学起業部に所属していた経験もあり、大学4年間で、様々なビジネスプランコンテストに出場し、多くの賞を受賞してきた。この活動により、事業拡大のための企画提案、マーケティングや顧客獲得のためのノウハウを持つ。
現在では、主にSNSなどを利用した広報活動、企業へのアプローチなどを行う。その他、日々の売上管理や仕入れ管理、決算書作成などの経営に携わる。

宮坂 均
Technical advisor

技術顧問

宮坂 均

キッセイ薬品工業(株)、米国National Institute of Environmental Sciences (NIEHS)ポストドクトラルフェロー、関西電力(株)環境技術研究センター勤務を経て、平成26年4月より崇城大学生物生命学部・応用生命科学科・教授。光合成細菌の研究を25年以上してきました。光合成細菌は農業、水産業、畜産業、エネルギー・環境、医薬、その他のさまざまな分野で応用が可能です。熊本から九州、日本全国、さらには海外にも光合成細菌を広めていけるよう、頑張ります。

森瀬 太一
Agricultural manager

アグリマネージャー

森瀬 太一

崇城大学工学部機械工学科に在学中。
熊本の豊かな自然、フレッシュな食べ物が大好き。熊本の“食”を支えている農家に貢献したいという思いをきっかけに本事業に参加。光合成細菌の試験栽培としてトマトとキュウリの栽培を行う。
現在では大学で専攻している機械的な観点を活かしながら、圃場にて実証実験に向けたドローン空撮を担当している。また、地域の魅力を発信するPR映像の製作に携わる。その他にも八代の環境ボランティアグループ「次世代のためにがんばろ会」の活動に参加し、地域との交流を深める。

チャン ジウ テイ ヒエン
Global manager

グローバルマネージャー

チャン ジウ テイ ヒエン

2019年、崇城大学 工学部 ナノサイエンス学科を卒業。在学中に、第6回全国学生英語プレゼンテーションコンテストに出場し、文部科学大臣賞を受賞しました。現在は故郷ベトナムに在住しながら、日本とベトナムの架け橋となり、環境問題の解決に取り組んでいます。

Company Overview

会社名

株式会社Ciamo(しあも)

代表者

古賀碧(コガアオイ)

※大学院 工学研究科 博士後期課程 応用生命科学専攻1年

設立日

平成30年4月23日

資本金

1,250万円

所在地

〒860-0082
熊本市西区池田4丁目22番地1号 崇城大学池田キャンパスG号館2階207

事業内容
  • 農業・水産業・畜産業へ向けた微生物商品開発(OEMを含む)

  • コンサルティング、リサーチ業務。微生物の検査・分析

  • 農水産業を核とした熊本県の地方創生及び啓蒙普及活動